読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言(2017-2-24) 自由

潔癖すぎたら精神を病んでしまう。自分を許し、人を許して生きていくと心は伸び広がって自然体になる。倫理や道徳、社会性等は自分を律するためのもので、人を責め裁くためのものではない。でも、自分を責めすぎてもいけない。失敗は次に活かすための教訓・…

天啓

今日、家の近くを歩いていたら偶然見つけた。このまえ通った時は違う看板だったのに。昨日ブログで将来への不安を語ったから、きっとそれを読んだお地蔵様がいたんだな(笑)

近況(2017-2-22) 当然不安

・先日ツイッターで「大学教員の公募出したら面接に呼ばれたから行ったんだが、面接官に「うちに来ても研究できないよ」って言われた」という趣旨の投稿を見た。どこに出したのかは定かではないが、研究重視ではない、比較的小規模な大学だったのかと推察さ…

近況(2017-2-21)

・今日は自宅で作業。論文執筆、水路調査、アルバイトの論文整理、学振申請書作成・・やらなければいけないことが山積み。でも姪の子守りが最優先事項。久しぶりに滋賀県に帰って、琵琶湖のほとりでくつろぎたいなぁ。 ・「過去のブログ記事を振り返りません…

独り言(2017-2-19) 世渡り

・人間関係の戦いは、戦わずして勝つことを心掛けなくてはいけない。人間関係の理想的な「勝ち」は、相手が気に入って味方になってくれることだと思う。あからさまに対立して真正面から戦ってたら、どちらも消耗する。こういう考えの源泉は、『孫子』の兵法…

真冬の水路調査

2か月に1度の定期調査で水路へ。水温が10℃を下回る冷たい水に入るのは久しぶりなので、気が重たかったです。でも、魚が採れると辛い気持ちは吹っ飛びます。 ヤリタナゴ なかなか綺麗な写真が採れました。 そして、脂ビレの付いた魚が採れたのですが、これ…

卒論発表2日目

・今日は所属研究室の真面目な4回生が卒論発表をした。周りの学生達よりも頭一つ出ていい発表だったと思う。特に、方法の説明が丁寧で分かりやすく、大変上手だった。僕はこれまでにあんなに上手に方法を説明できたことがあったかどうか不安になる。彼の発…

珍事

今日は卒論発表会の1日目だった。同研究室の4回生2人のうちの1人(あんまり大学に来ない方)だけが発表した。昨日、僕がバス時間で帰ってからも、4回生2人は大学に残って発表準備を進めたらしいので、どうなったのか不安と期待でドキドキしながら聞い…

近況(2017-2-14)卒論発表前夜

・明日から二日間にわたって卒論発表会がある。今日の夕方は2人の4回生の発表練習に付き合った。2人とも全体的なスライドの雰囲気が全然違うんだけど、どちらも卒論発表としては十分な内容だと思う。僕と教員と4回生達とあれこれ議論したが、内容の理解…

近況(2017-2-12) 基本

・データから「違いがあった」「傾向があった」と主張するには、何らかの統計解析が必要だ。それを抜きにして、データから違いや傾向を議論しても納得してもらえない。ただし、統計的に有意ではなかった場合、本当に差がない(傾向がない)のか、それともサ…

再考

昨日の記事の内容に対して、もう少し考えてみたら思ったことがある。日本語の「ある」というのは、0か1(つまり、単純にあるかないか)ではなく、やや「ある」に偏って程度や量の意味も含んでいると聞いたことがある。「可能性がある」という日本語は実は、「…

考察で「可能性」を議論してはいけない理由

長らく忘却・放置されていた論文の査読結果が返ってきた。この論文は半年前に1度改訂稿を投稿していて、今回は改訂稿に対する担当編集者のコメントが返ってきた。 この論文では、ある特定の水深で巻貝の個体数・最大殻長がともに最大であることを結果で示し…

独り言(2017-2-7)

・最近薄々感じているのだが、ブログは論理やら説得力やら何も考えずに独り言を呟くように書いているが、実は僕の論文も、わりと似たようなものなのではないかという気がしてきた。・論文に使う文章表現って、個人の好みがあると思う。細かな表現は人によっ…

近況(2017-2-7)  論文書き

・今日は自宅で作業。朝は卒論にコメントしてメールで送った。そしたら、真面目な4回生から「今後もご迷惑をおかけすると思いますが、引き続きよろしくお願いします・・」等と謝罪(!?)ぽいメールが返ってきた。彼は一体、何か悪いことをしたか!? でも…

近況(2017-2-6)正念場

卒論の(とりあえずの)提出も卒論発表も来週にせまってきた。この時期になってもまだ、教員は4回生の卒論・発表に1度もコメントしていないようだ。う~ん。 あまり大学に来ない4回生が今日、先日の僕のコメントに従って卒論を修正し、メールで送ってくれた…

近況(2017-2-5) 驚き

・12月に再投稿可のrejectをくらった論文があった。全然修正する気になれず、ずっと放置していた。最近ふと、「そうだ。6種180個体で実験したのだから、n=6じゃなくてn=180じゃんか。個体数の方を目的変数に使ったらいいやん。得意のGLMでも使うか」と名案(…

僕は高校生位の時に、昔のことをよく思い出す癖が付いた。嫌なこともよく思い出す。「反省」とは、未来にそなえて「少な目に振り返る」ことだと思うので、昔のことをあれこれ考えてるのは時間の無駄だし、目前のことに気が回らなくなってしまう。それにして…

近況(2017-2-3) 反省

・魚類の分布を記載した和文論文が出版されたのだが、今見てみたら文章に少し不満がある。文法上きっちり書こうとしてるのは分かるが、ややくどくて冗長なところがある。僕と共著者は文体が違うのだが、文体の統一を図らなかったので、どっちが書いた文章な…

近況(2017-1-31) 日常

・某雑誌(和文誌)の論文PDFがホームページで27日公開されたのだが、間違って昔の号のPDFが表示されていた。すぐに修正されると思っていたが、今日の夜になっても変わらないので雑誌編集長にメールを送った。やはり間違えていたようで、すぐに対処してくれ…

近況(2017-1-30) 戯言

・卒論と言えども他人の卒論のコピペはいけないぞ~。たかが卒論、されど卒論なのだ。頼むから最後まで頑張ってくれ~ ・今日の昼食は大学の食堂で食べたが、久しぶりに人が多い12時台に行ってみた。11時台よりも随分人が多くて賑やかだった。どこの大学でも…

近況(2017-1-29) 初記録・30歳のドキドキ

・昨日、魚の写真を撮るために水路で魚採りしてたら、違和感のある魚を捕まえた。第一印象は「なにこれ?」だったが、よく見てみたらヨシノボリのように見える。まだ標準体長が3cmにも満たないので、同定がむずかしい。結局、家に持ち帰って育てることにした…

近況(2017-1-28) 「イクメン」 ・ 卒論へのコメント

・子守りについて触れてる記事を見つけた。全体的にマイナス思考だし、プライドやら何やら大変だなぁと思った。僕は記事の内容に全然同感できなかった。子守りは大変だけど、子どもが可愛いから苦にならない。でも、超未熟児の子育ては相当しんどいとは思う…

近況(2017-1-27) 大忙し

いよいよ卒論提出・卒論発表まで時間がなくなってきたのでテンヤワンヤ。本来は指導教員と学生がやるべきことのかなりの部分を、僕がしているような気がする。真面目に頑張っている学生は卒論の内容について僕に色々と相談してくれる・・が、どうやら指導教…

近況(2017-1-26) TPPの脅威

・もしTPPによって日本の米が価格競争にさらされると、水田農業のさらなる効率化が進行して、水田地帯がもっと生物に不適な環境になるかもしれない。生産性の高い低湿地の水田は改修や集約化等が進行し、生産性の低い山地等では放棄水田が増える可能性がある…

近況(2017-1-25) 卒論の時期

・あまり大学に来ず、授業等にも出席しない4回生の卒論を代筆中。解析のところはまず僕が書く、という話だったが、結局ほとんど書き換えに近いかたちになった。その4回生なのだが、指導教員や親御さんの言うことは何も聞かないが、どういうわけか僕には随分…

親心

最近なぜか足が痛い。肩こりも酷いので、評判のいい接骨院で見てもらった。なんと、立っていても歩いていても、下半身が左に大きくゆがんでいるらしい。その場で指示されて、右足をあげて左足だけで立とうとしたら、立ってられない。電気をあててくれたり揉…

独り言(2017-1-22)

・最近では教員に随分ハッキリと物申しているので、そろそろ次の逃げ場を考えておいた方がいいかもしれない(笑)プライドが邪魔して科学に不誠実なのには協力できない。立場やメンツに関係なく、科学的に間違っていることは、どんな言い訳もなく間違い。実験…

近況(2017-1-21) 教員としての在り方

大学運営の内側のことは知らないが、色々な教員を見ていて「理想的な教員像」が出来てきた。あくまで僕の視点から観察して整理した理想像だし、こんな大きなテーマは、十人十色の答えがあると思う。でも、今後僕はどのように自分を磨いていけばいいのかとい…

近況(2017-1-20) 統計解析

・解析方法について僕と先生の意見が異なったので、統計解析に詳しいらしい植物生態学の某教員のご意見を伺うことになった。僕は初めてその教員と会ったのだが、こちらが聞いてないことまでたくさんのご意見・ご注文を頂けた。その先生はこれまで、僕の受入…

近況(2017-1-19) たぶん順調

・お仕事として取り組んでいたデータ解析で、今後の研究の発展を感じさせるような面白い結果が出てきた。この科研の重要な成果にもなるので、先生に少し貢献できた気がして嬉しい。予想外の大発見というよりも、「こんな結果が望ましいなぁ」って期待してし…

近況(2017-1-18) 教員の悩み

・いつも通り部屋でパソコン作業をしていたら先生が入って来て、色々と悩みを聞かされた。でもこの先生は本当に、学生一人一人の人生を最優先事項にしている教員なんだと感じた。まず社会人、常識人として尊敬できる。下の学生達のことをいつも考えておられ…

近況(2017-1-17) Under Review

・これは何かの間違いか・・こんなに歴史と権威があって、IFが高い雑誌にEditor kickされずに「Under Review」になった。周りにボロカスに言われながらも、僕一人だけ研究の面白さを信じ、結局一人で書いて単著で投稿した論文だけに嬉しい(爆)まぁ、まだど…

近況(2017-1-16) 苦悩

・公募通らないなぁ。また一つダメだった。でも内心ちょっと安心もしてる。もう一年ここにいて、今の職場に与えてもらった仕事をきっちりとやってしまいたい。それに、今春には甥っ子が生まれるし、もう1年間は子守りをしたい。その心配ばかりしてたので、や…

近況(2017-1-15) 時間

・読みたい論文が次から次に出てくるし、勉強したい学術書もたくさんある。ゆっくり眺めたい魚本もある。読みたい古典文学も山積みになってる。時間がない。結局絞りきれないまま、毎日少しずつ読んでいってる。本当、少年老いやすく、学成り難しだと思う。1…

近況(2017-1-13) 卒論

・4回生から「コメントください」って卒論をわたされた。チラッと見てみた。いくらでもケチは付けられるし、何が言いたいのか分からない文章も多いが、全体的に良く書けてると思った。まず、必要な情報は一通り書いている。読者の便宜を図るための、独自の…

近況(2017-1-11) 回復

・今日になって熱が上がらなくなったので、ひとまず回復したと判断した。咳等はまだ続いてるし、何か慢性的な疲労感が残ってる。ここからインフルエンザに2次感染するのだけはやめて欲しい。姪っ子達が数日前から不調で、片方は39℃の熱が出たらしい。うつし…

近況(2017-1-9) ひどい風邪

今回の風邪は記憶にない程ひどい。5日間、37~38℃の熱が出た。今も37℃近いので、まだ治ったわけではない。悪寒はなくなったが、咳と鼻水は変わらず続いている。病院で検査してもらったが、インフルエンザではなかった。それにしてもしんどい。こんな風邪を、…

近況(2017-1-6) 風邪

・風邪が悪化し、咳が酷くなってきた。熱も下がらない。辛くて長い一日やった。 ・生態学会のプログラムが公表されていた。今年は参加できない。毎回行くたびに、「みんないい研究してるなぁ。凄いなぁ。」って思う。実は僕はまだ、「自信作」と納得して言え…

独り言(2017-1-5)

実験結果が思わしくなく、研究にやる気を失ってしまった院生をどう励ましてあげたらいいのだろうか?なんて言葉をかけてあげたら、気が晴れてやる気が出るのだろうか? 「実験が思い通りにいかないなんて、そんなのよくあることさ!」って思ったけど、そのま…

近況(2017-1-5) 年始の風邪

・風邪でダウン。年始に出鼻をくじかれた感じがする。寝てる間に布団を蹴飛ばし、体を冷やしてしまったのが原因と思われる。 ・半年程経っても「査読中」の論文について、雑誌編集部に問い合わせてみた。すぐに返信がもらえた。なんと、査読結果はとうに返っ…

淡水魚保全

淡水魚の保全に関する記事を二つ読んだ。どちらも国内でとても注目されている話。こういう社会的動向や問題点の整理は社会科学系の研究者が得意な仕事だが、これらの記事は魚類生態学系の研究者がまとめたもの。実際に保全活動を支えてこらえた著者達であり…

近況(2016-1-3) 「〇日まで来れない」

先日、4回生がLINEで「先生は3日まで学校に来ないらしいですよ」と教えてくれた。それを見て僕は、「じゃあ、3日から学校に来るんだな」と思った。しかし、今日は先生もその学生も学校に来なかった。 もしかしたら、「3日まで休みで4日から来る」という…

大晦日

年末魚採りという奇行に出た(大晦日の魚採り - 水路紀行)。ブログに書き忘れたが、今年最後に採れた魚はフナだった。修士研究の材料でもあったし、何か感慨深い。 波乱万丈の一年だった。皆様、今年もありがとうございました。来年も(来年こそ!?)、世…

近況(2016-12-30) 年末

・年末だけど水路で魚採り(もう一つのブログで紹介しました水路紀行)。冬は冬で面白い。底質中や隠れ家に潜んでいる魚を捕まえていく。本命はミナミアカヒレタビラとカマキリだが、ここら辺ではなかなか出会えないなぁ。そういえば、僕が初めてミナミアカ…

近況(2016-12-29) 齟齬

先日、論文の2回目の査読結果が返ってきた。そこの雑誌は担当編集者とメールでやり取りするのだが、担当編集者の英文ニュアンスがつかみ切れず、査読判定が何なのかイマイチ分からない。最初の査読判定は「大改訂」なのか「再投稿可の却下」なのか分からなか…

近況(2016-12-28) 童心

・ここ数日、好きな魚のことを考えてたら、ドンドン童心に帰っていくのが分かる。いつの間にか傷付いて曇って輝きを失ってたんだな、魚好きに関わる感情一式が。いつの間にか閉ざされて忘れられてたんだ。自分で自分の深い意識を発見した、みたいな気分。そ…

近況(2016-12-26) 隣の研究室の教員

隣の研究室の教員から託された、ホームページ作りを進行中。その教員は以前、無料でホームページを作ったのだが、今回は有料ソフトを使用してもっと綺麗なものが作りたいとのことで、僕がソフトを買ってもらってバイトとして作成している。その先生が以前作…

近況(2016-12-25) 今年のクリスマス

・午前中は姪の子守り、午後は2カ月に1度の水路調査。水路でウキゴリ属魚類が採れたが、同定に苦労した。結局、ジュズカケハゼ種群でもシマウキゴリでもなく、ウキゴリだと同定した。滋賀県にいた時はすべてウキゴリだったから、これでは苦労しなかったのだ…

独り言(2016-12-24) 同じ部屋を使う意義

博士課程の時にいた研究グループは、四つの研究室があつまって一つの研究グループを構成していた。そのグループでゼミ等を一緒にやっていた。学生やポスドク、研究員達はみんな、研究室関係なく「三つ」の部屋を作業場(机とパソコンがあるやつ)として使っ…

原点回帰

蛍になりそうなので(なんのこっちゃ!?)、現実逃避してるだけかもしれないが、最近よく思うことがある。自分の出世や仕事等を主目的にして、ほとんどそれしか見えなくなって研究に取り組むというのは、嫌だなぁ。雑誌競争に没頭するのも、僕はあんまりやり…