読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言(2017-1-22)

・最近では教員に随分ハッキリと物申しているので、そろそろ次の逃げ場を考えておいた方がいいかもしれない(笑)プライドが邪魔して科学に不誠実なのには協力できない。立場やメンツに関係なく、科学的に間違っていることは、どんな言い訳もなく間違い。実験…

近況(2017-1-21) 教員としての在り方

大学運営の内側のことは知らないが、色々な教員を見ていて「理想的な教員像」が出来てきた。あくまで僕の視点から観察して整理した理想像だし、こんな大きなテーマは、十人十色の答えがあると思う。でも、今後僕はどのように自分を磨いていけばいいのかとい…

近況(2017-1-20) 統計解析

・解析方法について僕と先生の意見が異なったので、統計解析に詳しいらしい植物生態学の某教員のご意見を伺うことになった。僕は初めてその教員と会ったのだが、こちらが聞いてないことまでたくさんのご意見・ご注文を頂けた。その先生はこれまで、僕の受入…

近況(2017-1-19) たぶん順調

・お仕事として取り組んでいたデータ解析で、今後の研究の発展を感じさせるような面白い結果が出てきた。この科研の重要な成果にもなるので、先生に少し貢献できた気がして嬉しい。予想外の大発見というよりも、「こんな結果が望ましいなぁ」って期待してし…

近況(2017-1-18) 教員の悩み

・いつも通り部屋でパソコン作業をしていたら先生が入って来て、色々と悩みを聞かされた。でもこの先生は本当に、学生一人一人の人生を最優先事項にしている教員なんだと感じた。まず社会人、常識人として尊敬できる。下の学生達のことをいつも考えておられ…

近況(2017-1-17) Under Review

・これは何かの間違いか・・こんなに歴史と権威があって、IFが高い雑誌にEditor kickされずに「Under Review」になった。周りにボロカスに言われながらも、僕一人だけ研究の面白さを信じ、結局一人で書いて単著で投稿した論文だけに嬉しい(爆)まぁ、まだど…

近況(2017-1-16) 苦悩

・公募通らないなぁ。また一つダメだった。でも内心ちょっと安心もしてる。もう一年ここにいて、今の職場に与えてもらった仕事をきっちりとやってしまいたい。それに、今春には甥っ子が生まれるし、もう1年間は子守りをしたい。その心配ばかりしてたので、や…

近況(2017-1-15) 時間

・読みたい論文が次から次に出てくるし、勉強したい学術書もたくさんある。ゆっくり眺めたい魚本もある。読みたい古典文学も山積みになってる。時間がない。結局絞りきれないまま、毎日少しずつ読んでいってる。本当、少年老いやすく、学成り難しだと思う。1…

近況(2017-1-13) 卒論

・4回生から「コメントください」って卒論をわたされた。チラッと見てみた。いくらでもケチは付けられるし、何が言いたいのか分からない文章も多いが、全体的に良く書けてると思った。まず、必要な情報は一通り書いている。読者の便宜を図るための、独自の…

近況(2017-1-11) 回復

・今日になって熱が上がらなくなったので、ひとまず回復したと判断した。咳等はまだ続いてるし、何か慢性的な疲労感が残ってる。ここからインフルエンザに2次感染するのだけはやめて欲しい。姪っ子達が数日前から不調で、片方は39℃の熱が出たらしい。うつし…

近況(2017-1-9) ひどい風邪

今回の風邪は記憶にない程ひどい。5日間、37~38℃の熱が出た。今も37℃近いので、まだ治ったわけではない。悪寒はなくなったが、咳と鼻水は変わらず続いている。病院で検査してもらったが、インフルエンザではなかった。それにしてもしんどい。こんな風邪を、…

近況(2017-1-6) 風邪

・風邪が悪化し、咳が酷くなってきた。熱も下がらない。辛くて長い一日やった。 ・生態学会のプログラムが公表されていた。今年は参加できない。毎回行くたびに、「みんないい研究してるなぁ。凄いなぁ。」って思う。実は僕はまだ、「自信作」と納得して言え…

独り言(2017-1-5)

実験結果が思わしくなく、研究にやる気を失ってしまった院生をどう励ましてあげたらいいのだろうか?なんて言葉をかけてあげたら、気が晴れてやる気が出るのだろうか? 「実験が思い通りにいかないなんて、そんなのよくあることさ!」って思ったけど、そのま…

近況(2017-1-5) 年始の風邪

・風邪でダウン。年始に出鼻をくじかれた感じがする。寝てる間に布団を蹴飛ばし、体を冷やしてしまったのが原因と思われる。 ・半年程経っても「査読中」の論文について、雑誌編集部に問い合わせてみた。すぐに返信がもらえた。なんと、査読結果はとうに返っ…

淡水魚保全

淡水魚の保全に関する記事を二つ読んだ。どちらも国内でとても注目されている話。こういう社会的動向や問題点の整理は社会科学系の研究者が得意な仕事だが、これらの記事は魚類生態学系の研究者がまとめたもの。実際に保全活動を支えてこらえた著者達であり…

近況(2016-1-3) 「〇日まで来れない」

先日、4回生がLINEで「先生は3日まで学校に来ないらしいですよ」と教えてくれた。それを見て僕は、「じゃあ、3日から学校に来るんだな」と思った。しかし、今日は先生もその学生も学校に来なかった。 もしかしたら、「3日まで休みで4日から来る」という…

大晦日

年末魚採りという奇行に出た(大晦日の魚採り - 水路紀行)。ブログに書き忘れたが、今年最後に採れた魚はフナだった。修士研究の材料でもあったし、何か感慨深い。 波乱万丈の一年だった。皆様、今年もありがとうございました。来年も(来年こそ!?)、世…

近況(2016-12-30) 年末

・年末だけど水路で魚採り(もう一つのブログで紹介しました水路紀行)。冬は冬で面白い。底質中や隠れ家に潜んでいる魚を捕まえていく。本命はミナミアカヒレタビラとカマキリだが、ここら辺ではなかなか出会えないなぁ。そういえば、僕が初めてミナミアカ…

近況(2016-12-29) 齟齬

先日、論文の2回目の査読結果が返ってきた。そこの雑誌は担当編集者とメールでやり取りするのだが、担当編集者の英文ニュアンスがつかみ切れず、査読判定が何なのかイマイチ分からない。最初の査読判定は「大改訂」なのか「再投稿可の却下」なのか分からなか…

近況(2016-12-28) 童心

・ここ数日、好きな魚のことを考えてたら、ドンドン童心に帰っていくのが分かる。いつの間にか傷付いて曇って輝きを失ってたんだな、魚好きに関わる感情一式が。いつの間にか閉ざされて忘れられてたんだ。自分で自分の深い意識を発見した、みたいな気分。そ…

魚本の読書

自宅近くの図書館に置いてたので、借りて読んでみた。 くらべてわかる 淡水魚 作者: 斉藤憲治,内山りゅう 出版社/メーカー: 山と渓谷社 発売日: 2015/02/06 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 同定が難しい種の写真を並べ…

近況(2016-12-26) 隣の研究室の教員

隣の研究室の教員から託された、ホームページ作りを進行中。その教員は以前、無料でホームページを作ったのだが、今回は有料ソフトを使用してもっと綺麗なものが作りたいとのことで、僕がソフトを買ってもらってバイトとして作成している。その先生が以前作…

近況(2016-12-25) 今年のクリスマス

・午前中は姪の子守り、午後は2カ月に1度の水路調査。水路でウキゴリ属魚類が採れたが、同定に苦労した。結局、ジュズカケハゼ種群でもシマウキゴリでもなく、ウキゴリだと同定した。滋賀県にいた時はすべてウキゴリだったから、これでは苦労しなかったのだ…

独り言(2016-12-24) 同じ部屋を使う意義

博士課程の時にいた研究グループは、四つの研究室があつまって一つの研究グループを構成していた。そのグループでゼミ等を一緒にやっていた。学生やポスドク、研究員達はみんな、研究室関係なく「三つ」の部屋を作業場(机とパソコンがあるやつ)として使っ…

原点回帰

蛍になりそうなので(なんのこっちゃ!?)、現実逃避してるだけかもしれないが、最近よく思うことがある。自分の出世や仕事等を主目的にして、ほとんどそれしか見えなくなって研究に取り組むというのは、嫌だなぁ。雑誌競争に没頭するのも、僕はあんまりやり…

独り言(2016-12-23)

「なんで蛍すぐに死んでしまうん?」(映画「蛍の墓」)「なんで論文すぐにリジェクトされてしまうん?」(実話「希望の墓」)

近況(2016-12-22) 青春

研究室でバイトしてる学部2年生の女の子が、なぜか凄くフレンドリーに僕にからんでくれる。今日話を聞いたのだが、その子は最初、生態学がしたくて生態学系の研究室を希望していたらしい。ここの大学の生態学系の教員は哺乳類を扱ってるわけだが、その子は哺…

近況(2016-12-21) いやはや

・昨年出版された某会誌のコラムとして、知り合いの研究者の「本音と抱負」が紹介されていた。(いつもながら)大先輩に対して大変失礼なことだが、ちょっと憤った。「もう!なんでもっと、自分を信じてあげられないわけ!?なんでそんなに、自分の良さが分…

今日の白山

夕焼けの白山

近況(2016-12-20)

・昨日から頭痛がする。体もしんどいので今日は休みを頂いて自宅休養。体が弱いのが辛い。今みたいな自由出勤じゃなくなったら、簡単には休めるはずがない。 ・投稿した論文の一つが、7月からずっと「査読中」のまま。編集事務に一度問い合わせてみたが返事…

近況(2016-12-19) 日常

今日の午後ずっと、ボスは学部3年生一人一人と面談し、就職活動についてアレコレ話し合っていた。あまりに長いので学生達は文句を言っていたが、先生も忙しい時間を割いてみんなの就職の面倒を見ていることを忘れないで欲しいと思った。たまに話の内容が聞…

読書録「正法眼蔵随聞記」

「正法眼蔵随聞記」は、道元禅師が弟子達に話したことを、弟子の懐弉(えいじょう)禅師が書き留めたもの。仏道を得るための修行の心がけ等について書かれている。 禅宗や仏教にあまり関心がなくても、「教育者としてどうあるべきか」、「夢を達成ための姿勢…

近況(2016-12-16) 友あり、遠方よりメールきたる

南の方にお住まいの著名な魚類研究者から、論文PDF送付依頼のメールが来て対応した。そして、滋賀県の某ドジョウの現状について少し情報交換をした。同じ目標を持って生きている人間同士の交流は、何とも言えない楽しさがある。 新しい研究室での仕事を簡単…

総説受理

ついに総説が受理された。うれしい~ 担当編集者から「優れた総説を投稿して頂き、ありがとうございます。」等とコメントがあって嬉しかったが、編集事務から「引用文献の並び順をしっかりと確認してください」とお叱りを受けて複雑な心境になった・・(笑) …

近況(2016-12-11) 修士時代の友人

先日京都に行った際、修士課程の時の同期とも会って食事しながら世間話をした。僕について、驚くような内密情報や、まさかと思うようなデタラメな話まで、ウワサがよく回っているのを知った。まぁ、別に悪い評判が出回っているわけではなく、どうでもいいこ…

論文投稿

Firstを1本投稿した。まぁ、この雑誌はコメントだけでも頂けたらそれで満足かな。 これで投稿中の論文は、Firstが5本、共著が1本になった。今年投稿した論文はどうも、何かえらい時間がかかるなぁ。

邂逅

熱心に研究室に来てバイトしている1回生の男の子に、僕の学部時代のことを話したら、目を見開いて聞いていた。僕は学部の間、授業のカリキュラムとは別に、魚のことを独自に勉強・調査し、保全活動やら学会参加やらと発展して行った。どんな大学生活になるか…

京都ガイド

来日されたファリピンの友人、院生時代の中国の友人と3人で京都観光。本当に楽しかった。凄くいいメンバーだった。満足して帰国してくれていたらなぁ。でもあの子、やっぱり、かなりのドSだと思う。後半、僕はいじり倒されていた。 観光中、これまでになく…

京都ガイド前日編

来日されたフィリピンのご令嬢に京都を案内するため、朝からフル回転。仕事を片手間でこなしながら(笑)、地図やホームページを見たり電話をしたりして、食事の場所や観光場所、交通手段を縛り込んでいった。僕はちょうど2年前にフィリピンに連れて行っても…

ガイド

ということで、急きょ京都に行くことになりました。 フィリピンの友人に英語で、「あなたは私を案内して楽しませる義務があるのよ?思い出した?」と聞かれたのですが、正直何のことか全然分からず、とりあえず頑張らないといけない気がしています。

懐かしい写真

むかし撮影した写真を見ていたら、綺麗な琵琶湖の写真が出てきた。 琵琶湖に恋する気持ちは、今も変わらないなぁ。

近況(2016-12-4)

そっか、結局この論文は単著か・・何か寂しいけど仕方がない。 フィリピンの親友が研究のために来日しているようで、連絡をくれている。都合があえば会いに行きたいなぁ。明日は琵琶湖南部にサンプリングに行くようなので、僕が「そこは夜景がきれいなんだ。…

片手の音

禅の一派、臨済宗の禅僧の一人に、白隠さんというお坊さんがいる。江戸中期の僧であり、当時の臨済宗の中興を遂げた、偉大な方です。 その白隠さんが考案し、好んで使った公案に「隻手の音」というものがある。隻手とは片手のことで、公案の内容は「両手を合…

近況(2016-12-3)  雑談

・来月から1年間、自宅近くの水路で調査を始めようと計画していて、調査場所の選定等をしていた。なんせ家から5分のところにある水路システムなので、近くていいのだが、大学から遠いと水質測定器等の機材がないので、精密な環境要因の測定が出来ない。でも…

近況(2016-12-1) ドタバタ

・2~3日前に何となく「ここで満足していたらいけないのだけれど、すべてがドンドン良くなってきて、今は幸せだな。色んな仕事もほぼ順調に進んでいるし、今の環境は居心地がいいし・・」なんて考えていた。一時はどうなることかと思ったけれど、結果として…

沈痛

言葉も出ない。 南米で飛行機墜落 76人が死亡 | 2016/11/29(火) 19:23 - Yahoo!ニュース

査読の仕方

Freshwater Scienceで「論文の査読ってこういうもので、こんな風にするんだよ」みたいな特集が少しやっている。時間ある時にゆっくり読もう。 http://www.journals.uchicago.edu/toc/fws/current でも確かに、査読の依頼が今来たら、良いコメントが出来る自…

近況(2016-11-25) ため息

僕には、6歳年下の女性の友達がいる。知り合ってからもう6年程経つが、かなり仲がいい(まぁ、一方的に僕は話の聞き役だが・・)。昔はよく二人で遊んだ。昨年はあんまり連絡を取らなかったのだが、その間に結婚したらしい。そして、今では幸せな結婚生活を…

近況(2016-11-24)  日常

今日は、隣の研究室の先生から頂いたお仕事に一日を費やした。野外で使用する道具の作成で、100枚のベニヤ板(50cm×50cm位の大きさ)に赤と白のペンキで模様を付けた。ペンキで汚れてもいいように、ボロボロの服を着ていた。夕方、作業が終わって研究室に行…

近況(2016-11-23) 送る言葉

最近では、昔の恋愛を思い出すことはほとんどなくなったが、それでもごく稀に思い出すことがある。僕を振った女性や、逆に僕が遠ざけてしまった女性・・どちらもいるが、誰のことも悪く思っていない。 「みんなどうしてるのかな?元気にしてるのかな?良いパ…