読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言(2017-2-7)

・最近薄々感じているのだが、ブログは論理やら説得力やら何も考えずに独り言を呟くように書いているが、実は僕の論文も、わりと似たようなものなのではないかという気がしてきた。

・論文に使う文章表現って、個人の好みがあると思う。細かな表現は人によって違いそうだ。好みの表現って、どういう風に決まるのだろうか。普段読んでる文章だろうか?それとも、もっと感覚的なものか。僕みたいに、自然科学、社会科学、人文科学のいずれの文章にも触れ続けている人間は、一体どうなるのだろか。僕個人の問題だと思うが、仕事は自然科学でも、心の中には人文科学が居座ってそうなので、結局、文系ぽい人間になっていく気がする。