読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況(2017-2-12) 基本

・データから「違いがあった」「傾向があった」と主張するには、何らかの統計解析が必要だ。それを抜きにして、データから違いや傾向を議論しても納得してもらえない。ただし、統計的に有意ではなかった場合、本当に差がない(傾向がない)のか、それともサンプル数が少なすぎるのかは、解釈に気を付けないといけない。卒論でも「AとBとの間でCが異なった」とか、「〇〇の傾向が見られた」という場合、必ず統計解析に裏付けられていないといけない。学部1回生でも知ってるような基本中の基本だが、出来ていない卒論があるし、僕も最近論文中でうっかり失敗してしまった。

 

・5月の学振提出に向けて受入教員とメールで打ち合わせを進めている。新しい手法にチャレンジしたいのだが、上手いこと環境が整ってるらしい。研究計画のネタも、これまでになく面白くて堅実だと思う。

 

去年の夏に色々あって数か月間にわたって論文投稿が止まっていたせいで、First論文が3本、学振の提出までに間に合わない見通しになってる。この1年間、なんやかんやと問題が起きて思ったように業績が伸びなかった。今年はどうなることやら。。