読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況(2017-2-26) プラス思考

日常的に、些細なことから大きなことまで、嫌なことや満足できないことはたくさんある。でも、些細なことでもマイナスに考えたら、ストレスになるし、発想がマイナスの方向に引っ張られていく。生きていたら、嫌なこと、嫌な人は避けられない。では、どうするか?一つの解決策は儒教の「八正道」だと思う。砕いて言えば、「見ざる。聞かざる。言わざる」、そして、「思わざる」と表現できる。出来るだけ、嫌なものを見ず、嫌なことを聞かず、嫌な人と会わない。嫌な思いをしても心に残さずに忘れてしまう。自分のいい感情を振り起してくれるような、いい事物に接し、いい人との付き合いを大切にする。

 

こういう方法もあるにはあるが、なかなかそうは言ってられない。どうしても嫌なことを避けることが出来ない。ならどうするか。プラス思考で締めくくることが効果的だと思う。嫌なことがあって、マイナスなことを考えても、そこで思考を止めてしまわない。やや強引にでも、あえてメリットを挙げてみる。嫌な人に対しても、悪いことを並べた後、そこで終わらずに「でもそれは、こういう点から見れば僕にとっていいのかもしれない。それにあの人には、こういう良い所もあるから、あまり悪くも言えないな。他にもっと酷い人がたくさんいるし」等といった感じで、最後を必ずプラスの言葉・思考で締めくくる。そうすると、ストレスは軽減され、自然と前向きに生きていける。これは、心の技術、考え方の工夫という点で仏教的か。