読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言(2017-3-20) 未解決!?

・昨年の北海道の件は、まるで「一件落着」のような雰囲気になっているが、本当にこれでいいのだろうか。今回は無事に全員帰って来れたから大問題にはならなかったが、このままだとあの研究室、いつか本当に死人が出そう。みんな帰ってこれたから問題がなかったというのは結果論だと思う。問題があったけれど運よく帰ってこれた。僕が帰った翌日か2日後には、僕が通ったルートの近くで橋がくずれ、車ごと川に流されて数名が亡くなっていた。今回の件で例の教員も安全を重視してくれるようになったらいいのだが、果たして・・

 

その教員が以前、「少し厳しくしたら学生がすぐに来なくなる」ってぼやいてた。それを聞いた時はよくある話かと思ったが、おそらく、教員の異常さに気が付いて逃げて行ってるのだろう。研究室に配属された学生達の研究テーマが不自然に変わり、特定のテーマに取り組む学生がいなくなるのも不思議に思っていた。下の学生達の間で話がちゃんと共有されているのではないだろうか。平常時に行っても危険な調査なのだし、あんなに危険な人と一緒に行くのは、普通はやらない。

 

何も知らなかった僕と1回生だけがついて行った。僕は宿と飛行機を取るまで、調査内容を教えてもらえなかった。不自然に思ってたが、置いてもらってる恩義があったし、その時はまだ信頼していたので行くことにした。

 

死人が出る前に、調査・実験の安全上の注意喚起をするべきだ。