読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独り言(217-4-3)

雪崩の件について、こういう悲惨な事故(事件?)なので決して喜べないのだが、昨年の夏から僕が言っていたことが実現しつつある。あの時に北海道で助けてくれた警察官や大学の事務は、この事件を機会として僕が言っていたことを真に分かってくれたら嬉しい。そして、恐らくあの山はもう、あの研究者の立ち入りを禁止にするべきだと思う。もともと危険すぎて一般人は立ち入り禁止の場所で、研究者が入るのも特別な許可がいる。教員が一人で行くならともかく、学生等を引率して一緒に入山するのなら許可を与えて欲しくない。たぶん、次に行くときも、誰かを引率して行くのだろう。

 

> 名古屋大学の内田良准教授(教育社会学)は「登山はそもそも、夏でも滑落や熱中症などリスクが高いことが織り込み済みとなっている」と指摘し、「学校教育として行われる以上、安全確保が最優先。経験則ではなく専門的な立場から危険かどうかを判断すべきだ」と訴えている。

headlines.yahoo.co.jp